展覧会のために東京国立近代美術館・工芸館の唐澤昌宏さんに
模様が生み出した形−竹内真吾〈象嵌の器〉」を執筆して頂きました。